セーレンプラネット(福井市自然史博物館分館)

最新の天文情報 タイトル画像
2019-09-10 15:40:31

縁側で秋の空を眺めていると、お月見をしたくなりませんか?

昔からお月見は秋の豊作を願って、ススキとお団子をお供えするのが知られています。

そんなお月見は、中秋(昔の暦8月15日)に行う風習の一つです。


昔の暦8月15日の月を「中秋の名月」と呼び、今年は中秋の名月から翌日の14日が満月となるので、満月に近い月が見られます。

この時期の月の良いところは、空気もすんでいるので、綺麗な月を眺めることが出来ます。

 

今年の中秋の名月は9月13日です。

福井では、18:30頃に東側の山から月が顔を覗かせますので、子どもたちが寝る前に見ることが出来るちょうど良い時間帯です。山からひょっこり顔を出す月も素敵なので、見つけてみて下さい。

 
秋の夜長に、ススキとお団子を用意してお月見をしてみてはいかがでしょうか?

 


 

2017年10月4日 中秋の名月