セーレンプラネット(福井市自然史博物館分館)

最新の天文情報 タイトル画像
2019-11-01 11:14:28

2019年最後の天文現象は12月26日に見られる部分日食です。
部分日食は地球から見た太陽が、月によって隠されて見えるために起こります。
 

 

福井では午後2時半頃から太陽が欠け始めます。見える位置は南西の空低いところです。
午後3時半に太陽が最も欠けて見えます。
そして午後4時半に欠け終わります。
冬の時期の太陽は地面からの高さが低くなっているので、南西の空が開けたところでみると良いでしょう。
 
また、太陽は直接見ると目を傷める恐れがあります。遮光板やピンホールなどを用いて、安全に日食観察を楽しみましょう。
 

画像:国立天文台HPより